境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

1か月の体調と気持ちの記録

2019年に入ってからの体調と気持ちについての記録です。

 

11月にエビリファイとリボトリールが切れて、それから薬を飲んでいません。

カウンセリングに病院、ピルを全部を続けるとなると毎月2万円を超えます。

 

<内訳>

カウンセリング 12,000円/月

心療内科 4,000/月

薬2種類   2,500/月

婦人科  1,000/月

ピル   2,350/月

 

経済的にこの生活を続けるのは無理で、カウンセリング以外をやめました。

 

体が重くて動けない感覚は前よりマシになっている気がしますが、出勤の時すごく精神力を使って頑張ってるのも感じます。

 

私は週1で在宅勤務をしているのですが、在宅勤務の前日と金曜土曜は、お風呂もメイク落としも、歯磨きさえもできずに寝てしまうことが多いです。

ただ怠けてるだけなのかもしれないけど、すぐに眠くなってしまうのと体が思うように動かずサボってしまいます。

在宅勤務の日に自宅で疲れて横になっているとそのまま寝てしまうこともあり、仕事が手につかない状態になることも多いです。

 

あとは子供の小学校と保育園の行事なんかは完全に後回しになっています。

いまのところ必須のものはなんとかすっぽかさないで行けているけど、任意のものは全部欠席しているし、提出物なども期限内に出すのを忘れてしまうし、存在すら把握していないこともよくあります。

思い出しても手帳に書くのを後回しにして結局忘れてしまったり、書いたとしても見るのを忘れていたり、子供には迷惑をかけているかもしれません。

子供たちの生活ことですが、子供たち二人でお風呂に入れるときは入ってもらい、歯磨きも自分たちでやってもらっています。

だいぶ自分のことを自分でできるようになったので、生活面はとても助かってます。

 

会社にいるときは、自分の意見や主張を求められることも多いし、レスは早くしなきゃいけないし、完全に結果主義の会社でとにかく何においても成果・結果を出さなきゃいけないという環境なので、どうしても気を抜けない状況ではあります。

ただ、その環境がとても過酷で辛いということではありません。

成果主義を求めて転職したのである意味で満足はしています。

だけど、会社で気を張っている反動か、家にいるときに最低限のことができなくなっています。

 

それは、自分のキャパシティの割り振りがうまくできないからだと思います。

容姿にも自信がないし、何かとびぬけて自信を持てるものもない私は、とりあえずいまは仕事で結果を出したいという気持ちが強い。

なので、自分のキャパの大部分を仕事に使いすぎてるのかもしれません。

この前のカウンセリングでも話した通り、家庭と育児と仕事とのバランスを取る毎日で、どれも頑張れていない生活にとても不満があります。

 

ただ実際のところ、仕事にキャパを費やしているといっても、今現在大きな結果を残せているわけでもなく、「こんなに精神を費やしても何にもならない」という感情に押しつぶされそうになっているような感じです。

 

 

気持ちの面ですが、「わかっているのに変われない」ことにやきもきする気持ちで苦しいです。

 

例えば、「他者評価で生きるのをやめる」という目標があったとしても、実際の行動がその気持ちについていきません。

どうしても自分で自分に自信を持つことができなくて、他人と比べて劣っている部分を見つける癖がやめられずにいます。

何もされていないし何も言われていないのに他人に嫌われているような感じがすることも頻繁にあって、考え出すと急に不安に襲われます。

 

カウンセラーさんにも「考え方の癖を治していく必要がある」「(人の気持ちを勝手に先読みしようとする)自動読み取り装置が勝手に動いてしまうのをやめましょう」と言われているしわかっているけど、どうやってそうできるようになるのかわかりません。

勝手に頭が余計なことを考え出すのをどうやって止めたらよいかわかりません。

考えてしまったものを意識から消すこともできません。

 

苦しさ生きづらさの原因が何かわからず苦しいのもつらいけど、わかっているのにできないのはもっと苦しい。

そんな感じで毎日を過ごしています。

 

 

1月に誕生日を迎え、29歳になりました。

29歳といったら、もう仕事である程度のポジションについて成果を出して私の何倍もの給料をもらえてる人もいます。

そんななかで、自分の成長度の低さが悪い意味で目につきます。

そのことに対してとにかく焦りしかありません。

上に書いたような体調とか気持ちとかに左右されて余計な時間とお金と体力を使いたくないのに、そうしないと普通に生きていくこともままならない自分に対してやり場のない怒りを感じます。

誰か人のせいにできたらどんなに楽だろうと思います。

両親や親戚に対して、どうして私を普通に育ててくれなかったの?とひとりで言葉にしてみたこともありました。

だけど、あとに残るのはとてつもない罪悪感だけでした。

私のいまの状況や生きづらさを誰かのせいにしたところで、スッキリすることも解放されることもなく、私は自分の力で生き方を変えていかないといけないのです。

 

昨日上司との面談で、コアラさんはなんでそんなに焦りが強いんだろうね。いつも焦ってるって言ってるね。そんなに急ぐことないんじゃない?と言われました。

私を正社員に推薦してくれた上司も、向上心があるのはすごく良いことだけど、自分で思ってるよりちゃんと成長しているし、焦ることないですよ。と言っていました。

直属の上司にも、いまは基礎を固めようね、と何度も言われています。

 

 

周りにそう言われると、私の焦りはおかしいのかとも思いますが、何もかもが足りないというのは事実です。

もう少し効率よく実績を積み上げていけたらとも思うのですが、もともと効率の悪い人間なので、何もかもうまくいきません。

 

体調や考え方を改善しつつ、仕事で結果も出しつつ、個人としての仕事もできるようになりたいというのは無理があるのでしょうか?

欲張りすぎなのでしょうか?

優先順位なんてつけていたら何も達成できないじゃないか、と思うので、目の前にあるすべてに全力投球したいのだけど、思い通りに体が動かないことに困っています。

睡眠時間を減らしたい。

家でも集中力を切らさないような精神力と体力がほしい。

 

 

以上、1月の体調記録でした。