境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

頑張らなくても、このままの私を愛してくれるの?

愛され方がわからない。

 

がむしゃらになにかがんばっていれば、誰かが見ててくれて、わたしに注目してくれる。

その考え方すら正しいのかもわからないままに、子育てとダイエットと美容と仕事と勉強をがんばってきました。

 

語弊があるかもしれませんが、結婚も子供も仕事も資格も、自分を強くするための武器でした。

 

 

だけど、ほんとはいまのなにも持ってないわたしの容姿で、このままの性格で、このままのわたしで人に愛されたいんです。

もう、無理したくないんです。

 

肩の荷を全部おろして、自由なわたしで生きていたい。

願わくば、そんなわたしを好きになってほしい。

 

そう思います。

 

 

友人の結婚式に行ったとき、席に置いてあったメッセージカードに、「自由に生きてるこあらちゃんが羨ましい。」と書いてありました。

 

なにもしてないのに、会社の人が「わたしこあらさん大好きなんです。」って言ってくれました。

 

 

わたし、このままでいいのかな。

もう、無理しなくていい?

 

整形しなくていい?

勉強も好きなことだけしてればいい?

人に興味を持たないままでいい?

 

 

自分を変えて愛されることと、「このままの自分でも愛してもらえる」と思うことのどっちが楽なんだろう、とずっと悩んできましたが、後者の考え方になれるように、思考のクセを直していきたいです。

 

 

自分が好きって、あと数歩で言えるようになる気がするんだよな。