境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

思ったことをはっきり言えない

私はある会社の編集部にいます。

最近新しいメンバーが入社して4人体制になり、冊子担当2人、WEB担当2人とわかれることになりました。

 

私は冊子担当。

それが嫌なんです。

 

前の記事にも書いたけど、私は将来WEBデザイナーになりたいから、冊子編集の知識よりWEBの知識がほしい。

 

いつか上司との面談で話そうと思っていました。

 

上司との面談

先日上司との面談だったのですが、遠回しに言おうとして失敗しました。

 

私:あのー、決まった後にこんなこと言うのも申し訳ないんですが…

わたし、紙の編集あまりやりたくなくて。

 

上司:え?!やりたくない?!

 

私:はい。やりたくないっていうより、自信がないというか。

(もうここでずれてきた…)

 

上司:自信がないからやりたくないって、それ、上の人に対して失礼だよ。できるなんて思ってないから。できるようになるためにやるんでしょ。逆にひとりでやりたいタイプだと思ってたけどね。部の先輩たちも、こあらさんは企画系が向いてるって言ってたし、更新とか管理業務より企画がいいのかな、と思ってたんだけど。

 

私:あ、もちろんそれはやりたいんですけど、自信がないってより、向いてない気がするんです。

(また話が飛ぶ)

 

上司:向き不向きはあるからそれはしょうがないけど、じゃあ何が向いてると思うの?

 

私:オペレーション業務の方が向いてるのかなーと最近思ってきました。

(言いたいことと全然違う)

 

上司:(時間が来てしまったので)うん。ちょっと考えとくから、コアラさんももう一回考えてみて。

 

そのあと

もう…余計なこと言ったっていう後悔しかありません。

 

はじめからWEBの方もやりたいです、とか、そっちも参加させてほしいとか言えばいいものをなんでこんな遠回しに言おうとしちゃったんだろう。

 

次の面談までに考え直します。。。