境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

みんな、私なんかいらないと思ってる

自分のブログの書き方がネガティブの掃き溜めみたいですごく苦手だけど、吐き出させてください。

 

読んでくれてる人の気分を暗くしてしまうことを申し訳なく思います。

すみません。

 

 

私なんかいらない

昨日は会社を休んだんだけど(体調やメンタルではなく有給休暇)

久しぶりに見捨てられ不安に潰されそうになりました。

 

みんな、私なんかいらないと思ってる

 

襲ってくるその妄想にとらわれて、リボトリールやジプレキサを頓服で飲んだけど、自分なんかいらない病は治りませんでした。

 

若い子でも、英語が得意だったり、見た目が超絶可愛かったり、いろんな分野で才能を持っていたりするのに、私は28歳になってもなんにもない。

 

意味のない28年を過ごして、その間誰からも必要とされなくて、私なんか生きてる価値がない。

 

好きなことだって能力がついてこないし、本を読みたくても文字がバラバラと分散していく。

 

こうして無駄な休暇を過ごしていることがさらに焦りを増長させます。

 

死にたい気持ち

願わくば、臓器提供で未来ある子供に各臓器を渡して死にたい。

 

私に友達がいないのは私が愛するに値しない人間だから。

 

私がいらないと思われてるのはなんの能力もないから。

 

昔付き合ってた人に、私は毎日のように死にたいと言っていました。

だけど彼は、悲しそうな顔をしてうん、と答えるだけでした。

 

親に死にたいと言った時も、目を伏せて泣きそうになるだけでした。

 

 

でも、でも本当は、

 

あなたがいなくなったら寂しい

 

その一言が欲しいんだ。

 

 

もう怖くて、死にたい、を人に言うことがなくなりました。

 

みんなきっと、私がいなくなったってなんとも思わない

 

生きてていいって言ってほしい

期待してるのが悲しいけれど、正直に言います。

 

私はみんなに生きてていいよ、って言ってほしい。

 

私が存在していることを許してほしい。

 

意味がなくても、価値がなくても、生きてていいのかなあ。

 

私が生きてる意味がわからない。

 

会社でも、小学校の役員会でも、ご近所でも、私はどこにいても目の上のたんこぶで、私が混ざっていることを申し訳なく思います。

 

 

 

カウンセリングに行きたいけどお金がない。