境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

お金がない、という秘密

裕福から貧乏への転落

私の実家は昔、裕福だった。

でも、今は貧乏だ。

 

それは単純に両親のやりくりの問題もあるのかもしれないけど、

私は実家が貧乏になったのは自分のせいだと思っている。

 

家計が傾いてきたのは、私が中学生の頃くらいだったと思う。

その頃親は、「お金がない」とは一言も言わなかった。

私がこれほしいと言えば、幼いの頃のようになんでも買ってもらえた。

 

中学生の私は家が裕福だと思っていたから、

かなりわがままを言っていたし、それでも問題ないと思っていた。

 

勉強もくすぶっていたのに、通信教材や短期講習に行きたがった。

そして行かせてもらった。

 

だけどある日、夜中に目が覚めて両親のいる部屋の近くを通ると、

深刻そうにお金の話をする両親がいた。

私に気付くと、二人は気まずそうに作り笑いを見せた。

 

「お金ないの?」

 

そう聞くと、

 

「ちょっとね。」

 

それ以上、教えてもらえなかった。

 

 

それ以降私は、使っていない電気を消したり、歯磨きの時の水を節約したり、子供ながらに思いつく節約術を徹底した。

 

金銭感覚のちぐはぐさ

それだけ私の勉強にお金を使ってもらったのに、結局私は能力的に、三流私立大学に行かざるを得なかった。

大学受験で上京する際も結構良いホテルを取ったりして、

私の中の経済的な部分がちぐはぐで、苦しかった。

 

節約志向に振り切ることも、高級志向のまま突っ走ることも、どちらもうまくできなかった

 

それはいまもそうで、ある部分では異様に節約志向、ある部分は節約していることを恥ずかしく感じて見栄を張るなど、自分のコントロールの外に自分の意識があるようで、困る。

 

親への申し訳なさ

実家は家自体が古いのもあり、エアコンがない。

帰省時は、暑くて倒れそうになる。

だけど、エアコン買ったら?というと、そうだね。と返ってくるだけで、実際には買わない。

 

今日思い切って、エアコン買わないのって金銭的な問題だけ?他に理由があるの?と聞くと母は、お金の問題だ、と言った。

 

私が好き勝手言ってお金を使わせたから、こんなに貧乏になってしまったんだ。かわいそう。

親のことをそう思う。

かと言って、今の私に実家のエアコンを買ってあげる余裕があるわけでもなく、自分が姑息なすねかじりだったこと、使ってもらったお金を活かせず大成できていないことを悔やむ。

 

実家に帰ると、いつもその申し訳なさが私の後ろをずるずるとついて回る。

エネルギーを吸い取られるような気がする。

 

親を幸せにしてあげること

親に金銭的な余裕を持たせてあげることは私の最重要事項なのではないかと思う。