境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

カウンセリング7回目①(2018/7/18)

 

 

心療内科を受診した話

C:病院ご紹介できなくてごめんなさいね。あそこも予約が多すぎて大変みたい。

その後どうなったかな?一応、他に数件おすすめできそうなところは探してきたんだけど、お安くないし、場所もちょっと不便かなーと思うんですよね。

 

私:行政のカウンセリングが2日にあって、相談してみました。2件紹介してもらったけど条件が合わなくて、結局、13日に自分で探したメンタルクリニックに行きました。●●クリニックというところです。

 

C:症状は話せましたか?

 

私:不安が続くことと、イライラして暴言を吐いたり暴れたりすること、土日になると眠気が酷くて動けなくなることを話しました。

 

C:解離についてはお話した?

 

私:いいえ。

 

処方された薬と効果について

処方された薬の報告をしました。

(おくすり手帳を持っていきました。)

 

C:お薬を飲んでみて、効果はどうですか?

 

私:んー、あんまりわかんないんですけど、暴言吐いたり暴れたりはなかったです。眠気は相変わらずありました。でもここ5日間、ふわふわすることはなかったです。

 

C:暴言と解離はなかったのね。

 

でもね、いつもと顔が違いますよ。

あなたはいつもニコニコされてるけど、ちょっと強張りがあるのね。無理して笑ってる感じ。

でも今日は、表情が柔らかいですよ。

ご自身では明らかな効果は感じられてないのかもしれないけれど、いまのお話を聞いても、あなたはお薬が必要な人だと思います。

 

容姿への異常な執着

C:今日はどう進めようかな。

前にお聞きした中で、不特定多数の男性との関係と、プチ家出のお話とかがあったと思うけど、それの話でも、違う話でも。あなたがいま気になっていることはありますか?なんでもいいですよ。

 

私:最近、会社の人とかママ友とか、みんなに嫌われてるような、避けられてるような気がして、仕事で話さなきゃいけない時も目を合わせられなかったりします。

なにかされたり、自分が何か悪いことをしたわけじゃないんだけど、周りの人が怖くて。避けるような態度を取ってしまいます。

 

C:会社の人やママ友とか、周囲の人はあなたのそういう態度に気付いている?

 

私:多分気付いてないのかな…

「機嫌悪いの?」とかは言われたことないです。

 

C:あなたは適応能力が高そうよね。そういう時でも、コミュニケーションはちゃんと取っていそう。自分ではどう思います?

 

私:コミュニケーション…どうなんでしょう。無理して取ることはできるのかもしれない。

 

C:そうだと思いますよ。でもね、その場の適応が上手な人は、頑張っちゃうんですよ。無理してしまうの。

だから、お休みになるとどっと疲れてしまうんだと思いますよ。

コミュニケーションをあまり取らない人は、あなたほど疲れない。

ほかに気になっていたことはありますか?

 

私:ずっと考えていたのは、自分の容姿のことです。私は、例えば、みんながみんな可愛いというような、芸能人みたいに整った顔になりたいんです。だけど、顔のつくり的にそれが叶わない。だから、外に出るのが恥ずかしいといつも思っています。

 

あと、会社でも、芸能人みたいに綺麗な人がいるんですけど、その人と同じ空間にいることがすごく恥ずかしくて、その人がいないところに行って仕事をしたりしています。

 

その人に何かされたわけでもないのに、だんだん美しさへの嫉妬が憎さに変わってきて、そう思ってしまう自分も嫌で…

さらにその人の近くから足が遠のきます。なるべく同じ空間にいたくないです。

 

C:それは大変。

ずっと逃げ続けなきゃいけなくなるでしょ?

容姿のことを気にし始めたのはいつから?

 

容姿に執着するようになったきっかけ

私:中学時代に歯並びが気になり出したのが発端です。

当時私は歯並びの悪さがすごく気になっていて、親にも話していたけど、母親は「それが個性だし可愛いよ」と言って取り合ってくれませんでした。

それなのに、弟は、歯医者に勧められたからと矯正をしていて、それなのに「痛いのが嫌だ」と途中で中断したんです。

私それが許せなくて。

 

だって、弟はもともと顔が可愛いし、歯並びも、言われれば気になるかな?程度なんです。

一方私は歯がガタガタで、目も小さくて、可愛い顔をしていないのだから、せめて歯並びくらい治してほしかった。弟に使ったお金をなんで私に使ってくれなかったの、といまでも悔しく思います。

 

C:それは、正当な悩みですよね。多感で容姿を気にする時期だし、弟さんにはして、あなたにはしない。そこに怒りを覚えるのは至極正当なことです。

その怒りや悔しさは、そのまま感じていて良いですよ。

 

どうしたら歯並びの悩みを解消できるかな。

 

私:自分で稼いだお金でいまから矯正します。私が正社員になりたいと思っていた理由の一つが「矯正したいから」です。

 

C:あら、そうだったの?

それは素晴らしいと思います。

時期も見通し立ってるの?

 

私:来月相談に行きます。

抜歯して器具つけるのが3ヶ月後くらいかと。

 

C:素晴らしいですね!

私も応援したい。

 

私:だけど、綺麗な歯並びになる頃には30歳を超えています。歯並びの悩みは解消されたとしても、たぶん、10代から20代の間を無駄にしたという親への恨みは残り続けると思います。歯並びの問題がなければ、もっとみんなに認められるような容姿で、自信を持って楽しく過ごせたのかもしれない。

弟に対してもそうです。弟が容姿の良いところを全部持っていってしまったことへの嫉妬と、痛いからという単純な理由で辞めたことへの苛立ちはずっと残ります。

 

C:今お話しされたことを、お母様への手紙に書いて、破って捨てるでもいい。燃やすでもいい。ここで叫んでもいいです。そういうワークもあるんですよ。

何回かやることで、あれ?とどうでもよくなる瞬間がきます。

 

だけど、ひとつね、歯並びがきれいになった後、嬉しい!という気持ちになれるといいんだけど、今度はここを治したい、次はここ、ともっともっとになってしまうのが心配です。そうなったらぜひ教えてくださいね。

 

 

 

②に続きます。