境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

過去との関わり方

過去の小さな失敗の数々は、決して脳内から消えることはない。

ぐるぐるぐるぐる頭の中をまわり続けて、わたしを支配してくる。

 

私に向けられる軽蔑の表情、

相手の言葉や行動から感じる冷めた温度感と攻撃性、

お酒を飲んで気分が高揚した時の自分の最低な発言、

ほめ言葉にうかつに喜んでしまった後悔、

返し方を間違えた会話、

相手のつまらなさそうな反応、

私には絶対に向けられない愛情いっぱいの視線。

 

思い出すものすべてが私を責める。

お前は不要なものだと突き落とす。

 

どんなに必死で隠れても、怒りと悲しみと恥ずかしさは、わたしのバリアを突き抜けてとめどなく私の中に入ってくる。

自分の身体が負の感情に支配される。

 

過去にとらわれて生きている

わたしは過去にとらわれている。

今、ここだけを生きることができていない。

 

常にすべては変化しているはずなのに、わたしは過去のどこかからいつまでも動けずにいる。

私の過去は恥ずかしくて、とても嫌なもの。

それなのにわたしは、自分の本体を過去のどこかに意図的に縛りつけている。

 

過去を捨てたら私は消えてしまうと思っているのだ。

過去はもう終わったことなのに、どうしてすがりついてしまうんだろう。

わたしは何に怯えているんだろう。

 

過去を捨ててはいけない

だけどたぶん、過去を捨ててはいけないと思っているから捨てようとしないんだ。

わたしは今、辛くて恥ずかしい過去だけど捨ててはいけないと思っている。

過去に縛られたくないからこそ、捨てちゃいけないと思っている。

 

それは、今を生きられるようになるために過去が必要だから

 

わたしは過去をきれいに整理して、「今」から切り離さないといけない

そうやって、混沌の中から抜け出してちゃんと今を生きないといけないんだ。

 

過去は善でも悪でもなく、「過去」としてあるべき場所に置いていきたい。

 

そしたらきっと「今」を生きられる。

 

過去から解放されて自由になる

毎年、年明けの目標に「自由奔放に生きる」を掲げてきた。

そしたらいつのまにか「あなたは自由奔放に生きてるね」って周りに評価してもらえるようになってた。

 

わたしは自分の印象を操作するのが上手だと思う。

わたしがなりたい通りの印象のわたしになれているのは、印象操作が成功した結果であって、本当のわたしは全然違う。

 

いつも過去の失敗に縛られていて、周りの視線を避けたり受け取ったりする作業に必死。

まったく「自由奔放」とは真逆のところにいる。

 

本当の自由というのは、いまここに、主体的に存在していることだと思う。

他人の言動に左右されたり、過去に引きずられたりしない

 

自分を評価する基準は他人や社会が決めたものじゃない。

自由に生きることで自分は満たされるし、周りの人も心地よくなる。

 

人の意見とか、一般論とか、資本主義とかどうでもよくなって、他人に左右されない自分の価値観をちゃんと持って、幸せに生きられますように。