境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

わたしだって甘えたい

昨日は、午前中病院に行って、昼頃から子供達を公園に連れて行きました。

 

病院から帰る電車の中ではすごく気持ちが落ち着いていて、子供達と遊びたいなあ、と純粋に思っていました。

 

公園にいる間も、終始安定した気持ちで子供達と向き合えていて、娘が「やっぱり保育園よりお休みの方が楽しい」と言ってくれたことに感動の気持ちすら感じました。

 

だけど、その前後、夫と口論になったり、イライラが暴走した時間がありました。

でも、全く思い出せません。

 

このような、軽い解離症状がずっとあります。自分が怒りを爆発させた時の記憶が、全部抜け落ちています。

思い込みかもしれないと思って昨日からずっと思い出そうとしているのだけど、きっかけも自分のとった言動も、何も思い出せません。

 

明日、民間のカウンセリングに行きます。

心療内科から教えていただいたクリニックです。

3年間この記録をつけてきて、整理できてきたことや、行動の裏にある本当の気持ち、本当に解決しないといけないことが何か、わかってきた部分もあります。

だけど、その情報をどう捉えて、どう行動を変えていけるのかがわかりません。

 

自分の力では限界があり、家族や身内に頼れる人もいません。

中立な立場で、近すぎない距離で寄り添ってくれる人が欲しいです。

 

思春期の頃から、親に過保護にされてきて、人に甘え続けてきた自分から脱却したいと思ってきました。そのためにたくさん思考錯誤してきたつもりです。

特定の人に依存したり、距離の置き方がうまくできなくて人間関係を壊してしまったり、数え切れないほど失敗してきました。

 

自立したい、一人で生きていける力が欲しい。そのために、必死に努力してきました。

 

でも本当は、わたしだって甘えたい。

思春期まで持っていた歪んだ甘えじゃなくて、ただ、心休まる場所が欲しい。安心できる場所が欲しい。

未完成の私を、受け入れて欲しい。

作らなくても、飾らなくてもいいって言って欲しい。

今このままの自分を、ただ受け入れて欲しいだけです。