境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

体調不良が続く

 
副鼻腔炎になり、立て続けに気管支炎になり、約二週間、倒れそうになりながらもなんとか生きていました。
 
子供達も、上の子は流行りの風邪、下の子は喘息性気管支炎と診断され、大量の薬を毎食後飲ませて飲んでいます。
 
私と下の子は、未だに完治しません。
 
 
今回病院に行って指摘されはじめて気付いたのですが、私は小さい頃から気管支が弱かったようです。
 
小学生くらいの頃、授業中や集会の途中で、急に喉の奥から込み上げてくるようなかゆみがあって、咳が止まらなくなることがありました。
しばらくの間咳が止まらず、苦しくて涙が出てきました。
 
でも、それが毎日あるわけでもないし、病院に行ったこともなく、たまにあるコレ、嫌だな〜怖いな〜と思っているだけでした。
 
 
今回下の子が気管支が弱いかもしれないと言われ、ご家族に喘息の方はいる?と聞かれ、ふと当時のことを思い出しました。
 
「咳喘息」なるものもあるらしく、もしかして私喘息だったのかな?なんて思っています。
 
そして今も、体力や免疫が低下しているからか、24時間ずっと喉がムズムズしてかゆく、咳が止まりません。
 
 
抗鬱薬も併用しているので、なんとか家事はできていますが、本当に最低限のことだけ。
 
 
いつになったら身体と心が楽になるんだろう。
 
先が見えなくて気分が落ち込みます。