こあらの念仏日記

明日どうやって生きるかを考えるブログ

成育歴と過去のこと

AC(アダルト・チャイルド/アダルト・チルドレン)の仕組みと改善方法

自分を何かの枠にあてはめてるのは嫌い。 だけど、過去を整理して改善していこうとするとき、ひとつの概念に沿って内省を深めることは、治療過程において必要なことなので、便宜的に使います。 AC(アダルト・チャイルド/アダルト・チルドレン)とは 頭が良…

「隠し事」は信頼関係を破綻させる

自分の経験からひとつ確実に言えることがあります。 「隠し事」は信頼関係を破綻させる 特に近しい人との関係の中で「隠し事」をするのは大きなリスクを伴います。 最初にそれを感じたのは、大学受験を間近に控えた高校3年生の時でした。 裕福だと思ってい…

カウンセリングの目的と達成の3条件

「カウンセリングの目的はなんですか?」 初回のカウンセリングの時、カウンセラーさんにこの質問をされ、わたしは、 「自分に自信を持てるようになることです」 と答えました。 それはいまでも変わりません。 いまのわたしは、自分に自信がない。 意味のな…

何にだってなれる、なんて嘘

私は、実力が伴わない自信の塊を持った夢見る少女を内面に抱えている。 そのせいで苦しい。 「私は何にだってなれる」なんていつまでも夢見てるのは辛いだけだっていう話。 蛙の子は蛙 子どもの人生は親の人生 親と同じ大学に行って教師になる 挫折を認めら…

私が境界性人格障害になるまで

私は、完璧になれない 実家の綻び 「完璧でいる」というルール 「貧乏」という綻び 両親に近付きたい 逃亡、そして崩壊 家族からの逃亡 自分からの逃亡 まとめ 私は、完璧になれない ある日、インターフォンが鳴ったのでドアを開けると、女性が二人が立って…

親だけで育てないことが親の責任

私は友達がいなかった 喜怒哀楽の表現ができない 友達ってどうやったらできるの? 親だけで育てないことが親の責任 親以外の大人と関わること 娘の価値観 親だけで育てるのは「洗脳」 子どもに伝えるべきこと 私は友達がいなかった 喜怒哀楽の表現ができない…

娘、小学生になりました。ブログ、タイトル変えました。

一年生の私 一年生の娘 ブログタイトルを変えた理由 おわりに 新年度を迎えましたね。 娘の小学校入学式も終わり、なんだか気分は晴れ晴れしています。 息子も無事進級。 娘も息子も、置かれる環境が変わってもすぐ周りと馴染めるからすごいなあ。 我が子な…

過去との関わり方

過去の小さな失敗の数々は、決して脳内から消えることはない。 ぐるぐるぐるぐる頭の中をまわり続けて、わたしを支配してくる。 私に向けられる軽蔑の表情、 相手の言葉や行動から感じる冷めた温度感と攻撃性、 お酒を飲んで気分が高揚した時の自分の最低な…

幼い頃の不認証体験

境界性パーソナリティ障害発症の原因は、その人の過去に必ずあります。 幼い頃の、心的外傷体験(心が傷付いた体験)や不認証体験(自分を認めてもらえなかった体験)により、その人は潜在的な脆さを抱えています。 過去の心の傷や痛みを蘇らせる出来事が起…

振り返り〜高校時代〜

【前回記事】幼少期~小学校3年までの記事↓ www.koara2015.com 【前回記事】小学校3年~中学卒業までの記事↓ www.koara2015.com 高校時代 学校のレベルの低さに愕然とする 「恋愛」を始める ライブハウスデビュー 親は怒ってくれない 不登校と初めての精神安…

振り返り〜小学校4年生から中学卒業まで〜

前回の記事はこちらです↓ www.koara2015.com 小学校3年生~卒業 母親の規制 友人に避けられ始めたきっかけ 孤独 中学校 嫌われないように生きる 「反抗できる」という希望の光 小学校3年生~卒業 母親の規制 小学校3年生の頃です。 流行りのゲームがあり、女…

振り返り〜幼少期から小学校3年生まで〜

実家を出てもうだいぶ経ちますが、いまだに帰省すると、昔と同じ事で親兄弟にイライラしている自分がいます。 特に、母親に対しては、良い感情も悪い感情も強く感じるのでしょうか。 父や兄弟に対してはそこまで思わないのに、母に対しては 「あなたがそんな…

学歴コンプレックス(高校~大学)

懸案事項がたくさんあってなんだかずっと焦っています。 そのひとつが、次の心療内科受診の時に先生に渡すメモを書かなければいけないこと。 毎回、質問されても見当違いな回答をしてしまったり、泣き出して話せなくなったりするので、支援センターの方にメ…