境界性パーソナリティ障害からの回復

境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害の治療過程・回復記録

1990年生まれの28歳。

都内で編集の仕事をしています。

会社員の夫、7歳娘(小1)、4歳息子(年中)の四人暮らし。

 

私は幼少期から神経質で心配性でした。

幼い頃は孤独という概念も知らず、

ただただ人とのコミュニケーションの取り方がわかりませんでした。

 

大人になるとともに、孤独感というものが理解できるようになると、

さらに人生が辛くなり、悲しくなり。

私は常に「自分」に悩みながら生きてきました。

 

子供を産んで考え方が変わった部分もありますが、

慢性的な孤独感や不安感が続いていました。

 

子供たちの成長過程において仕方がないはずのわがままや、

理不尽な要求への対応もうまく出来ない。

自分の価値がわからない。

自信が持てない。

私の存在になんの意味があるんだろう。

 

気に入らないことがあると、

目の前にあるものを壊したり、我を忘れて怒り狂う。

中学生の反抗期の頃からそれが始まり、

恥ずかしながらいまも続いています。

 

どうしてもやめたくて、

自分でどうにかするしかない、我慢するしかない。

そう思って自己啓発本を読んだり、ネットサーフィンしたりして、

改善のヒントを得ようとしてきました。

 

しかし、いざその場になると、

身体がわなわなと震えだして怒りを収めることが出来ず、

暴れて後悔しての繰り返し。

また、逆に、布団から一歩も出られず、

朝から晩まで泣き通しの時期もあります。

 

2018年より、カウンセリングに通い始めました。

行政のカウンセリング、心療内科にも並行して通っています。

徐々に、自分の生い立ちや、育った環境、

感情の変化などを言葉に出せるようになってきました。

 

カウンセリングの過程や、気持ちの変化を

ブログに書いています。

 

子どもたちにとって大好きな母親になりたい。

自分のことを許してあげたい。認めてあげたい。

人生を心から感じて、楽しめるように今頑張りたい。

どうぞよろしくお願いいたします。




プロフィール
id:koara2015 はてなブログPro
リンク
ブログ投稿数
237 記事
ブログ日数
175 日
継続期間
3 日
読者
14 人 Rexkagehinata7 kimotihakokoni koara2015 nekonekoakaneko9290 boyakkiii tamago-dofu firststar11007 kinachiro ponyoponyokun